貧血予防普段からめまいや立ちくらみがある人は要注意です。貧血の可能性があります。心配なら、下まぶたをめくって見て下さい。白っぽい色をしていたら貧血です。

体調が悪くなるなど、日常生活でも不快な症状が表れるので、できるだけ早く治したいですよね。

特に、妊婦は貧血になりやすいです。貧血になると、妊娠中だけでなく、出産でも苦労をすることになるかもしれません。
▶▶実際に飲んだからわかった!おすすめ葉酸サプリランキング

妊婦は貧血になりやすい

妊娠すると、お腹の赤ちゃんにたくさんの栄養や酸素を送らなくてはいけないため、血液量が増えます。血液の量はすぐに増やすことができても、赤血球の生成が追いつかないことがしばしば起こります。赤血球の少ない薄い血液になるので、貧血になってしまうというわけです。

赤血球をつくるのは、鉄分だけでなく、葉酸やビタミンB12などの栄養素がたくさん必要になります。これらの栄養素は、妊娠時には普段よりも多く摂取しなくてはいけません。ですが、妊娠していない時でも、これらの栄養素は不足しがちです。

貧血が及ぼす胎児への影響

お腹の中の赤ちゃんには、酸素や栄養は血液を通して送られます。お母さんが貧血になると、十分な酸素や栄養が送られなくなる危険性が高まります。

とはいうものの、妊娠中は、お母さんよりもお腹の赤ちゃんに優先的に酸素や栄養が送られるようになっています。ですから、たとえ貧血になっても、極端に赤ちゃんの心配をしなくても大丈夫です。

ただし、お母さんへの負担は大きくなります。赤ちゃんが優先になる分、お母さんの酸素や栄養が足りなくなるためです。めまいや立ちくらみなどによって、転倒の危険性が増すので、赤ちゃんへの二次的被害がでる可能性もあります。

貧血が及ぼす妊婦への影響

貧血になると、頭痛や吐き気など、体調不良が起こります。疲れやすくなったり、動悸や息切れが起こったりもします。

貧血によって体が酸素不足になるため、心臓がよりたくさんの血液を体に送ろうとします。そうすると、心臓に負担がかかります。それが動悸や息切れとなって表れます。重症化すると、血液循環が悪くなってむくみにつながります。

むくみはこむら返りの原因になります。夜寝ているときに、こむら返りを経験する妊婦は多いです。痛いですし、できれば避けたい症状です。

妊娠中は、無理のない程度に運動をすることも大切です。出産に向けて体力を落とさないようにするためです。ウォーキングが推奨されていて、取り組む人も多いですが、貧血があるとウォーキングも大変です。

とくに、妊娠37週を過ぎたら、お産を促すためにもウォーキングが有効です。貧血のせいで満足に動けないなどという事態は避けたいものです。

貧血は分娩時にも影響する

貧血があると、出産のときや産後に苦労をすることになるかもしれません。妊娠中に血液量が増える理由は、赤ちゃんに十分な酸素と栄養を届けためでもありますが、出産時の出血に備えるためでもあります。

お産で出血しても大丈夫なように、血液の量が増えるということです。血液が足りないと、産後の体の回復が遅れることも心配されます。お産の際にも、微弱陣痛といって、弱い陣痛が長く続く可能性が高いです。

強い陣痛が来ないとお産は進みません。陣痛の時間が長引くほど、体力が奪われてお産が大変になります。また、お産の際の出血も多くなる傾向があります。

貧血だと、産後、母乳の出も悪くなる可能性が高いです。母乳のメリットが考慮され、できるだけ母乳で育てる母乳育児が推奨されています。

赤ちゃんへのメリットも数多くありますが、お母さんへのメリットもあります。体の回復が早まる他、精神状態を良くしてくれます。

母乳育児をしたいのに、母乳が出ないというのは、お母さんの精神面へもダメージがあります。とくに初めての子どもの場合は、母乳がスムーズに出るようになるまでが痛いですし、結構大変です。

ただでさえ痛い思いをしたりと大変なので、トラブルはできるだけ回避したいですよね。貧血は前もって予防しておくことが大切です。
▶▶実際に飲んだからわかった!おすすめ葉酸サプリランキング

血液を作る栄養素

血液を作るというと、鉄分をイメージする人が多いです。もちろん、血液を作り、貧血防止のために鉄は大切です。ですが、もう一つ欠かせない栄養素があります。葉酸です。

葉酸が血液を作るのに関与していることを知っている人は少ないです。貧血予防に、葉酸は忘れられがちです。葉酸も、貧血予防にとても大切な栄養素なので、しっかりと十分な量を摂取する必要があります。

葉酸は健康な赤血球をつくる

葉酸は赤血球をつくる働きをします。葉酸がたりないと、形がおかしかったり、正常に機能できない赤血球がつくられたり、赤血球の数がたりなくなったりしてしまいます。そうすると、血液が酸素を十分に運ぶことができなくなり、貧血になってしまうというわけです。

妊娠中は血液量が増えます。血小板などが増えても、赤血球が足りないと内容の薄い血液になってしまい、貧血が起こってしまいます。

血液がもっとも増えるのは、妊娠後期です。9ヶ月や臨月の頃が最も貧血になりやすいです。お腹の赤ちゃんが自分で血液をつくるようになるので、お母さんの体から血液をつくる成分がどんどん奪われていきます。

葉酸サプリは妊娠初期のみ飲めばいいと思っている人もいるようですが、妊娠後期にも、飲んだほうが良いです。葉酸サプリからは、十分な量の葉酸が摂取しやすいです。貧血防止にとても役立ちます。

鉄分とビタミンB12が一緒にとれる葉酸サプリ

貧血を防止するためにも、鉄分やビタミンB12が含まれている葉酸サプリを選びましょう。赤血球をつくるためには葉酸とともにビタミンB12が一緒に必要です。

妊娠中は1日16.5mg程度の鉄が必要です。妊娠時以外でも女性は1日5.5mgの鉄が必要だと言われています。また、相当量の鉄が含まれている食材を食べても、鉄の吸収率は10%程度しかありません。

成分表に表示されている量の10倍を食べないと、その成分表に表示されている量が摂取できないということです。葉酸同様に、鉄は普段から一般的に不足しがりな栄養素で、食材から摂取するのはかなり大変です。

サプリメントでできるのはあくまで貧血予防です。すでに貧血が起きている人は、鉄剤など、医師によって処方される薬が必要になります。妊娠中は定期的に血液検査を行い、貧血かどうかなどをチェックされるので、医師の指示に従いましょう。

貧血にならないためにも、葉酸サプリを飲もう!

妊娠中に貧血になると大変です。赤ちゃんへの影響は大きくなくても、お母さん自身がめまいや立ちくらみによって転倒し、赤ちゃんに二次被害が及んでしまう可能性もあります。

出産がスムーズにいかなくなって苦労をしたり、母乳がでなくて思うように母乳育児ができなくなったりする恐れもあります。貧血になってしまうと、自力で改善するのは難しいです。予防に徹するようにしましょう。

貧血予防は、鉄とビタミン類が一緒に摂取できる葉酸サプリがおすすめです。葉酸サプリを飲むなら、貧血予防に効果があるものを選びましょう。

▶▶実際に飲んだからわかった!おすすめ葉酸サプリランキング